古都の宴 ストーリー仕立てのコンサート

源氏物語再飛翔 当世風コンサート

日本庭園が眼前に広がる絶景・渉成園( 枳殻邸)。園内にある光源氏のモデルといわれる源融(みなもとのとおる)供養塔にちなんで、源氏物語千年紀を来年に迎え、「源氏物語再飛翔(げんじものがたりごにちのひととび)」と題し、京都とフランスをつなぎ、千年前と現在〜未来を彷彿とさせる小粋な音楽会です。
>>古都の宴 弐の宴 リーフレットはこちら

日 時
平成19年9月29日(土) 17:00〜 (公演終了)
会 場
渉成園(しょうせいえん)枳殻邸(きこくてい)
地図はこちら
出 演
深川和美(歌手) ザッハトルテ(アコースティック・トリオ)
大森ヒデノリ(フィーデル) 高本一郎(リュート) 
坂本利文(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
料 金
〈前売〉3,800円 〈当日〉4,300円

※臨池亭(りんちてい)・滴翠軒(てきすけん)にて、お茶席を実施します。
〈茶会〉2,000円(前売/各会30人)14:00、14:40、15:20
 茶会券は8月1日(水)からの販売です。

深川和美

神戸生まれ。京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。フランス・パリへ留学後、フランス近代歌曲を中心に活動を始める。大学時代よりエリック・サティに興味を持ち、サティの歌曲やシャンソンをマイミストや画家、タップダンサーなど視覚的要素の強いジャンルのアーティスト達とコラボレーションを繰り広げる。'95年の震災より日本文化を見つめ直し、日本の歌や武満徹の曲、中原中也などの詩人の作品なども歌うようになる。'04年よりリクエスト形式で歌うコンサート「童謡サロン」を開催している。
>>深川和美 ホームページはこちら


ザッハトルテ

東西ヨーロッパの音楽を中心に、独自の表現を追求するアコーディオン奏者の都丸智栄。ストリートライブにはじまり、多彩なジャンルの音楽を経てきたギターとMCのウエッコ。クラシックチェロの持つ高級なイメージを覆すべく奮闘中のチェロ奏者、ヨース毛。多彩な経歴をもつ3人による、アコースティック・トリオ。関西を中心に全国で活躍中。
>>ザッハトルテ ホームページはこちら


チケット販売について

チケットは完売しました。ありがとうございました。

>>ページトップへ戻る